受講生の声

受講生の声

ホーム>受講生の声

受講生の声

     
   

心理カウンセラー養成講座を受講して

1976年に病院薬剤師として仕事を始めて20年余りさらに薬局薬剤師として約5年勤務し、患者様と向き合った際に常々コミュニケーション能力の必要性を痛感してきましたが、なかなか学べる機会には恵まれず、年齢は50半ばと歳だけはくってしまいました。

 

そんな時に幸運にもメディセレスクールが心理カウンセラー養成講座を開講してくださることになり、50(四捨五入すると60(笑)!?!?)の手習いで受講させていただくことになりました。

私が大学卒業後、病院に就職した頃は、窓口業務も笑顔さえあれば簡単な薬効、用法、用量などを説明すれば上出来で、服薬指導とはほど遠いものでした。
しかしその後服薬指導、薬剤管理指導など薬剤師に求められる職能は増し、より効果的な薬物治療を行うためにまず患者様が自分の病気を理解し、薬物治療の必要性を十分理解して服薬することが重要であるとの認識がなされるようになってきました。
そのための手助けをすることは私たち薬剤師の欠かすことのできない重要な職務のひとつであり、職責を果たすために私たち薬剤師がカウンセリングテクニックを身につけることが必須であると言っても過言ではなくなりました。

昨春よりメディセレスクールでカウンセリングというものを体系的に学ばせていただき、頭の中ではまだまだ整理できていませんが、業務はもちろんのこと日常生活の中で活かしていけるよう身につけて行きたいと思いながらなかなか実践できない自分にジレンマを感じている毎日です。

また受講して自分を見つめ直す機会も得、自分の考えが硬い殻に覆われていると感じるこの頃です。
この歳になっていうのも何ですが、今後自己改革にチャレンジしていかねばと思っています。

講義の内容はというと
種田先生の講義は私にでもとてもわかり易く、講義の中で見せてくださる笑顔、心に響く口調などなど盗むことがいっぱいです。
田尻先生の講義は産業カウンセラーとして、講義の中で職場での問題などを織り交ぜてくださるので身近に感じることができます。
平山先生のダンスムーブメント療法は実技が主で、なんと楽しいこと・・・
中野先生の色彩に関わる講義では、日頃目にするあらゆる物の何気ない色使いを改めて見直し、納得するきっかけを与えていただきました。
児島先生の絵画療法は自分を見詰め直す機会になるなど、どれもこれも自分を成長させる源になっています。

  • 講師の先生方の洗練された講義
  • 受講生の皆様との心和むコミュニケーション
  • 日ごろ経験できない講座での実技

などなど自分にとってプラスになることを挙げればきりがなく、毎回講座を楽しみに聴講させていただいています。

昨年春、入校した際には土曜コースを選択したものの、仕事の都合もあり1年で全単位を取得することは到底無理で(サボったわけではないのですよ・・・)、2年間で全単位を取得する計画を立て、現在40単位中31単位を取得したところです。
が、昨年度に受講した内容については自慢ではありませんが(歳のせいか?情けないことです)、ほとんど頭から消えていて、本年度も時間の許す限り再受講している次第です。
こんなわけで仕事をしながらでも学べる環境で、カウンセリングの知識とテクニックを少しずつ学ばせていただいています。

私は薬剤師という立場で学ばせていただいていますが、どのような領域の方でも、学びたいという気持ちさえがあれば、精通された先生方のご指導と、素晴らしい仲間達と一緒に机を並べてカウンセリングを身につけることができると思いますので、たくさんの方に学んでいただき、今後多くの同窓生と協力的競争、また多職種協働の活動ができることを願っています。

 

 

 

       
入学案内(心理カウンセラーを目指すあなたへ)特長コース紹介バックアップシステム講師紹介受講生の声お申し込み
心理テストマスコミ掲載情報お問い合わせアクセスマップ会社案内サイトマップリンク集